大阪赤十字病院で定期検診、鶴橋の馴染みの焼肉屋で一杯ひっかけての帰路
大手銀行を定年退職した塾生が喫茶店を手掛けたとかで、瓢箪山駅で下車
生駒山麓のラグビーの聖地といわれる近鉄・東花園駅の一つ東の駅である

2016040613370000.jpg
降りたホームに楠木正成の長男・正行(まさつら)の墓があり、ビックリポン
裏を見ると施主は二代目中村鴈治郎と彫られていた、何であの人がと少々考える
正行が足利軍と対峙、衆寡敵せず弟の正時と刺し違えて自決した戦場は四條畷とか
が、最近の研究では四条畷市ではなく、瓢箪山の「四条・縄手」と云われている
因みに、瓢箪山という地名の多くは古墳、曰く前方後円墳の跡地に由来しているようだ

2016040613430000.jpg
瓢箪山駅の北側商店街、まだ生きているというか、シャッター通りではない
映画になった「三丁目の夕陽」の景色を彷彿、昭和の商店街の趣が残っていた
魚屋・八百屋・肉屋・菓子屋、看板や商品にも懐かしさを漂わすものがあった、

2016040614240000.jpg
その喫茶店は商店街を外れた静かな住宅街にあったので、これまたビックリポン
写真は店内の花飾り、凡そ「茶花」とは別感覚ではあるが、豪華な雰囲気を出している
二百坪ぐらいの敷地にあった旧家を壊し、芝生の庭を持つ瀟洒な洋風の喫茶店に
旧家の取り壊しでは、トラック三台分の古い木材を捨て、工事屋が惜しんだとか云う
今になると、あの木造旧家を利用した宿泊施設にした方が良かったかな、と塾生の弁
まま、店には四組のお客が入っていて、塾生は客応対に勤しんでいたので安堵する
店を出て角路を曲がった後で気付いたのは塾生の露地送り、答礼を失念したことを悔やむ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://houan7010.blog.fc2.com/tb.php/935-54126d2f