2016.04.16 肥後スミレ
2016041516170000.jpg
肥後スミレ草、苗を植えていた鉢で白い花を一輪付けた、向う右側は桜草

肥後は熊本県、震度七の地震災害がテレビ・新聞で報じられている
卒塾者の一人の奥方は、本貫は肥後・熊本であり、御親族もいらっしゃるとのこと
ご夫婦のご心痛は如何ばかりかと察するところ・・
この肥後熊本地震のことを伝える新聞報道の中で、向かっ腹が立った記事
日本の政治家集団であり、公党である民進党の公式ホームページである

地震発生から約3時間後の15日午前零時半ごろのことだそうである
一般ユーザーが「東日本大震災時の自民党のような対応を望みます」と書き込んだ
つまり、緊急の国難には、党利党略を置いて共に協力し合って対処すべしという話
ところが、民進党の公式ツイッターが「それじゃあダメでしょうね」と、反応
「多くの議員が与野党なく災害対応に協力した中で、一部の自民党の有力議員が原発対応についてデマを流して政権の足を引っ張ったのも有名な話です」と続け、
さらには、一般ユーザーに「なんで?」とタメ口逆切れのツイートを入れたという

この民進党の書き込み内容に一般ユーザーらが猛反発したと報じられていた
一般ユーザーからは東日本大震災時の民主党政権時の震災対策のひどさを指摘し、
「厚顔無恥な傲慢さだ・この非常時になんで喧嘩腰なの・公式アカウントとしてのセンス皆無」
と、いった批判が殺到したということを新聞は伝えていた
民進党は、「担当者の私見の入った不適切なツイートだった」と書き込みを削除した云々
公党の公式ホームページである、担当者の問題として知らぬ存ぜぬは無かろうというもの
秘書が、担当者がと云って逃げるような輩には、国家や日本を語る資格は無い

前の私のブログ記事で民進党の政調会長の山尾しおり議員の人品・見識の卑劣を取り上げた
>まま、山尾しおり議員レベルの連中では、何の知見も持ち合わせぬであろう<
やはり、そのまんまであった・・
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://houan7010.blog.fc2.com/tb.php/941-47b0ea0b