2016051306500000.jpg
竹藪で見たスイカズラ(吸い葛)、常緑で冬場を耐え忍ぶ事から別名・ニンドウ(忍冬)

「吸い葛」の意は、古くは花を口にくわえて甘い蜜を吸うことが行なわれたことに因む
砂糖の無い頃の日本では砂糖の代わりにしたとか、確かに甘い香りがする
面白いことに英名が(honeysuckle)、honey・蜜、suckle・乳を吸う、洋の東西で似た名称
また面白いことに、米国では葛(くず)と共に日本から来た有害植物に指定されている
米国の地に合うたのか大きく育ち繁殖力も旺盛となり、植物生態系を荒らしているとか
米国から帰化したセイタカアワダチソウは、日本で異常繁殖し有害植物となっている
処変われば品変わる、人も置かれた環境で変化(へんげ)し、扱いも変わるのは世の常

私は何処へ行っても嫌われ者だが、まま、それも善しとする
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://houan7010.blog.fc2.com/tb.php/962-646a617c