2016.06.25 英国国民投票
270px-Coudenhove-Kalergi_1926.jpg
青山 栄次郎(あおやま えいじろう)、東京生まれ、オーストリアの国際的政治活動家
リヒャルト・ニコラウス・栄次郎・クーデンホーフ=カレルギー、伯爵家一族で母は日本人
汎ヨーロッパ主義(パン・ヨーロッパ主義)を提唱し、後世の欧州連合構想の先駆けとなった
そのため欧州連合の父と呼ばれる、昨日今日話題のEUの生みの親と云える

昨日昼過ぎからのニュースは英国の国民投票がEU離脱を選択したことで大騒ぎ
私は、このマスコミ人の大騒ぎブリに冷ややかな思いがした
何故なら、英国の投票結果を受けて「緊急G7声明」なるものが出されたとか云々
なら、ほん半月前の伊勢志摩サミットは一体何だったのかということである
欧米の指導者はアホ揃いか、それとも日本人と日本を軽視していた証であろう

今回のG7の席上で、安倍首相が自分の認識を各国首脳に対して訴えた内容とは
「リーマンショック直前の洞爺湖サミットでは危機を防ぐことができなかった私は、その轍を踏みたくない」、「世界経済は分岐点にある、政策対応を誤ると危機に陥るリスクがあるのは認識しておかなければならない」
然るに時に、各国首脳は安倍の思いを意に介さず日本の見解を一笑に付し、安倍を嗜めた
世界のことは欧米人が一段高いところで判断するものだという欧米人の感覚がモロ見えの話
昨日の東証株価はリーマンショック時を上回る下落幅を示した、慌てて「緊急G7声明」とは?
伊勢志摩サミットで、安倍の認識に対する各国首脳の感覚を批判した日本のマスコミ人は皆無

ついでに思ったことは、英国首相のキャメロンという男のセコさとアホさである
自分が判断できないという思考停止に陥ると、国民投票で責任逃れをする卑怯
先のスコットランド独立運動への対処でもスコットランドを「住民投票」へ導き、
それが反って、スコットランド独立運動の機運を高めるという失策をしでかした
今回は、自分の主張を英国国民が支持してくれていることを示したかった浅知恵
反対の結果が出ると、この男、国民は自分の思いと違う答えを出したとか云って
「新しい目的に導く船長は自分ではないので私は辞めたい」、という話である
国を二分する状況を生み出し世界を混乱させながら、「責任をとって辞めます」とは・・
まさに日本のサラリーマンレベルの発想の持ち主
タックスヘイブン(租税回避地)を暴いた「パナマ文書」にこの男の一族の名があったとか

無責任なアホに火遊びの道具を渡すことは、大火の危険性を伴う
そのことは、渡した方に問題と責任があると知ること肝要
火遊びの道具とは、政権という権力である
政治家とマスコミ人とは、そこの国民のレベルを示す代物である
我が日本では参議院選挙が始まっている、日本国民のレベルを示そうぅぅぅ・・
ともあれ大日本帝国共産党に清き一票を、愛国左翼万歳!!!
日本に愛国左翼が存在しないことを、私は長年不思議に思っている
日本国民は、清貧と矜持の生き方に一顧あるべし




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://houan7010.blog.fc2.com/tb.php/987-41222c1b